カードローンから借入した後は期日までに返済する事が必要です。

これを返済期日と呼んでおり、遅れないように注意して下さい。

この返済期日はカードローンによって異なります。

中には月の始めから終わりまで、自由に指定できるカードローンもあります。

給料日が25日なら3日後の28日に返済期日を指定するといった事ができるのです。

計画的に返済できる期日となっています。

中には10日や15日など予め返済期日が決まっており、自由に指定できないカードローンもあります。

その他にも35日ごとの返済期日を用意するカードローンもあります。

35日以内ならどの日に返済しても構わないという返済期日です。

余裕がある時は35日後を待たずに早めに、余裕が無い時は35日後に返済など、都合に合わせて返済できるのが35日ごとの返済期日です。

カードローンの利息は日割計算のため、35日サイクルでずっと返済していると利息の負担が増える事があります。

その他にも返済日がバラバラになるため、忘れやすいという注意点があります。

返済期日を過ぎてしまうと遅延損害金が発生する、催促の電話が掛かってくる事があるために注意して下さい。

メールで返済期日をお知らせするカードローンなら忘れ難くなっています。